吃音を知る

お悩みQ&A【言語聴覚士監修】

吃音お悩みQ&A

今回は事前アンケートで集めた皆さんの吃音のお悩みを言語聴覚士の矢田康人先生にお答え頂こうと思います。

質問者
質問者
成人の吃音は完治が難しいとネットに書いてありました!本当ですか?[
矢田康人(言語聴覚士)
矢田康人(言語聴覚士)
本当です。残念ながら未だ確実に完治が見込める治療方法はありません。しかし、発話の症状を軽減することはもちろん、吃音やコミュニケーションに対する考え方を変容させることで、生活の質、いわゆるQOLを向上させることは可能です。
質問者
質問者
小1の息子が吃音です。治りますか?
矢田康人(言語聴覚士)
矢田康人(言語聴覚士)
発症時期や生育環境等様々な要因が発症後の経過に関わるため一概に治る・治らないと判断することはできません。しかし、小学2年生までに吃音が完治せず残っている場合は思春期以降まで続くという研究データ[11]もあるため、まずはお早めに専門機関に行かれることをお勧めします。
質問者
質問者
3歳の娘がま、ま、ま、ままと言葉を繰り返すようになりました。これって吃音の症状ですか?
矢田康人(言語聴覚士)
矢田康人(言語聴覚士)
正常な言語発達の過程においても吃音のような症状が現れることがあり、発達過程の一時的なものなのか、吃音として持続するものなのかを判断することは非常に難しいとされています。まずは専門機関にご相談ください。
質問者
質問者
今高校生です。治療って早くから受けた方がいいんですか?
矢田康人(言語聴覚士)
矢田康人(言語聴覚士)
思春期以降は「早く訓練を始めた方が良くなる」ということはないという印象を持っています。訓練は1-2週間に1回の通院に加え、毎日自宅での練習が必要です。今ご自身がどれだけ吃音で困っているか、改善するためにどれだけ時間を使えるか、をよく考えて治療に取り組まれるといいと思います。一人では判断に困る場合はまず一度専門機関にに相談をしてそれから考えてみてください。

また、吃音は必ずしも治さなければならないものではないので、学校生活や仕事など日常生活に大きな影響がないようであれば、治療を受けないという選択肢を選ぶのも1つだと思います。

質問者
質問者
言語聴覚士の先生からみて吃音者が日常生活を送る上でアドバイスはありますか?
矢田康人(言語聴覚士)
矢田康人(言語聴覚士)
「どもったこと」「スムーズに話せなかったこと」など、自身の話し方ばかりに注意を向けることをやめてみましょう。「どもったけど○○を注文できた」「少し引っかかったけど、プレゼンを終えることができた」など、日々の生活の中で些細なことでもいいので「できたこと」に注目して、そしてできた自分を褒めるだけでも、気持ちが軽くなりますよ
質問者
質問者
就活で困ってます!面接が怖いです。治療を受けたら克服できますか?
矢田康人(言語聴覚士)
矢田康人(言語聴覚士)
なにをもって「克服」とするかによりますが、言語療法や認知行動療法などにより面接に対する不安を減らし、自身の言いたいことをしっかりと伝えられるようにはなると思います。
質問者
質問者
電話怖い。どうしたらいいですか?
矢田康人(言語聴覚士)
矢田康人(言語聴覚士)
電話を苦手とする方はとても多くいらっしゃいます。そのような方々は「どもったらどうしよう」「うまく言えなかったらどうしよう」と吃音症状が出てしまうことを極端に恐れていることが多いです。このような方へは「電話に対する認知の切り替え」を目的とした認知行動療法や発話症状が顕著な場合は言語療法を行い、段階的に電話ができるような支援が行われます。
質問者
質問者
教科書読みがすごく苦手です。アドバイスをください!
矢田康人(言語聴覚士)
矢田康人(言語聴覚士)
早く読み終わろうと、急いで読んでいませんか?ゆっくり読めばスムーズに読めるというわけではありませんが、焦って早く読むことは吃音にとっていいことは1つもありません。また、吃音の方は頻回に区切って息継ぎをすることが多いので、文節と文節の間で区切りすぎず、読めるところは一息で読む方がスムーズに読むことができます。訓練では特に音読が苦手といった方にはこのような訓練も行う場合があります。
質問者
質問者
近くに吃音を見てくれる病院がないみたいです。自宅できるちょっとした吃音改善トレーニングみたいなのってないですか?
矢田康人(言語聴覚士)
矢田康人(言語聴覚士)
吃音はその症状の特徴や程度が個人で大きく異なるので、簡単に自宅でできるトレーニングといったものはありません。一度専門家に相談し、アドバイスを受けることをお勧めします。
質問者
質問者
友人や会社の人など周りの人に吃音だとカミングアウトするべきですか?
矢田康人(言語聴覚士)
矢田康人(言語聴覚士)
ひとりひとり置かれている環境が異なるため、「するべき」とも「するべきでない」とも言えません。ですが、隠すことに必死になり思うようにコミュニケーションが取れていない方や、吃音のことを話せる相手が誰一人としていない方は、まず身近な信頼できる人に打ち明けてみるのはどうでしょうか?
質問者
質問者
ネットで見つけたんですけど吃音が治る!!って情報商材って実際どうなんですか?
矢田康人(言語聴覚士)
矢田康人(言語聴覚士)
一概に全てを否定することはしませんが、ハイリスク、ローリターンなものであると思います。吃音といってもその症状の程度や特徴、また発話症状以外の要素も含めて多種多様です。情報商材の場合は個々の細かな状況を把握した上で提供されるものではなく、一部の人には効果があるかもしれませんが、その効果が全ての人に保障されるものであるとは到底考えられません。最近は吃音診療を行っている医療機関が増えていますので、まずはそちらに行かれることをお勧めします。

<p style=”text-align: center;”><span class=”color-button02″><a href=”https://yasu-yada.jimdo.com”>矢田先生の詳しいプロフィール</a></span></p>

引用[11] Howell P, Davis S. Predicting persistence of and recovery from stuttering by the teenage years based on information gathered at age 8 years. J Dev Behav Pediatr 2011;32:196–205.