インタビュー

吃音当事者インタビュー Y.T

吃音当事者インタビュー

吃音を持ちながら日常生活を行っている当事者さんに職場での体験談や吃音をどのようにカバーしながら仕事をしているかや自身の吃音歴などのお話を伺っていこうと思います。
またお話頂いた内容で吃音改善に関わる内容が出てくる場合もありますが、あくまで個人の考えになりますのでご理解ください。

灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
本日はよろしくお願いします。
Y.T
Y.T
よろしくお願いします。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
まず初めにお名前とご職業を教えてください。
Y.T
Y.T
名前はY・Tです。現在は営業職をやらせていだいています。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
お仕事についてもう少し具体的に教えてください。
Y.T
Y.T
今はインターネット関連の営業をさせていだいていています。
具体的に言うとソフトバンクなんですけど、今お客様が扱われているインターネットは速度がちょっと遅いので、速い速度に変えませんかっていう営業なんです。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
インターネット関連の営業なんですね!
そのお仕事をしようと思った理由はなんですか?
Y.T
Y.T
自分の中で喋ることに対して怖かったのがあって、あえて喋る職というのを選んでみて克服できたらいいなっていう気持ちもあって。
それで選んだんですけど、やっていくうちに達成感が出てきて、自分の中でこれをがんばっていくなかで吃音というのも徐々に改善されていくんじゃないかなっていう気持ちで始めさせていただきました。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
吃音を改善させようという気持ちで選ばれたんですね。
それでは職業選択に吃音が影響したんですかね?
吃音でなければ逆に営業職は選んでいなかったですか?
Y.T
Y.T
そうですね。
吃音であっても吃音じゃなくても、僕はお喋りなところがあるので、意外と人と喋ることに対して抵抗っていう部分はあんまりないです。
もし吃音じゃなかったとしても、営業職を選んでいたかもしれないですね。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
それでは吃音だから営業を諦めるでもないし、吃音がなかったとしても喋るのが好きで営業を選んでいたかもしれないんですね。
それでは仕事上で吃音が支障に感じることはありますか?
Y.T
Y.T
あー結構ありますね(笑)
やっぱりお客様と話すことが多くて、会社側で「これを伝えて
って言われたことに対して初めてそれを言うことになると、やっぱり初めての言葉って結構言いづらくて。それは結構詰まってしまう原因のひとつです。
あとは突然かかってくる電話に対しての対応が結構難しいところではあります。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
「初めての言葉」は言いづらいというお話がありましたが、言い慣れている言葉と言い慣れていない言葉で吃音の症状の出やすさに影響があるということですか?
Y.T
Y.T
僕のなかでは結構ありますね。
やっぱり言い慣れている言葉は全然大丈夫なんですけど、いざ練習もあんまりせずに仕事で頼まれた言葉を言うとなると結構詰まってしまいますね。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
言葉自体の慣れも吃音に影響するんですね。
仕事上でご自身で工夫されていることはありますか?
Y.T
Y.T
はい、本当にもう練習あるのみで。
帰ってから友達とかに相談して、「お客様にこういうことを言いたいから、お客様のふりをしてちょっと練習に付き合って」ってことをお願いしています。
本当もう練習あるのみだと思っています。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
ご友人にも練習に付き合ってもらっているんですね!
ご友人には吃音のことを伝えているんですか。
Y.T
Y.T
はい、一応全員の方には言っています。
幼稚園、小学校、中学校、高校のときに付き合っていた友達。
あと仕事で関わる人、先輩とかリーダーとか社長には伝えているんですけど、友人に関してはほぼ全員と言っていいほど伝えていますね。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
すごいですね!
そこまでオープンにしている方は今まであまりお会いしたことがありませんでした。
吃音を伝えるのは昔からそうだったのか、何かきっかけがあったのでしょうか。
Y.T
Y.T
昔…昔と言っても僕が吃音を発症したのが小学校低学年ぐらいのときだったんですけど、その頃って名前がわからないので伝えようと思っても伝えられない部分がありました。
高1か2ぐらいのときに初めて知って、最初はもちろんこういう障害を持っているのが自分の中でも怖かったですし、それを今まで付き合っている友達に伝えるのも怖かったです。
でもやっぱり友達に伝えて、それでもう友達をやめるんだったら「所詮そういう友達だったんだな」って思うだけで、その考えで友達に吃音を伝えたら「別に気にしないし、これまで通り話せばいいじゃん」って言われて。
そう言われたから僕も「じゃあどんどん友達に伝えていこう」と思って伝えたら、全員の方が「別に気にしない」って言ってくれたので、それが励みになりましたね。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
いざ伝えてみたらこれまで通り接してくれたんですね。
それで、どんどん吃音を伝えられるようになったと。
色々な人にインタビューして聞いてきましたが、当事者は深刻に考えていても案外周りの人は気にせず接してくれたって人が多いんですよね。
ご友人だけではなく会社でも必要な人には吃音を伝えているとのことですが、就職活動のときから吃音を伝えていたのでしょうか。
Y.T
Y.T
伝えなかったですね。
面接の段階で伝えようとも思ったんですけど、やっぱり自分の病気を伝えたら会社側に「この子いらねえな」って思われるんじゃないかっていうのもあったので、あまりそういうところでは公表はしていなかったですね。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
選考の段階ということを考えれば、自分にとって不利になりかねない情報を伝えるべきなのかは難しいですよね。
それでは、実際に会社の人に吃音を伝えたのはどのタイミングですか。
Y.T
Y.T
今の営業職に関しては喋ることが一番大事で、喋っていく上でいずれバレてしまうものなので、だったら早めに自分と一番関わってくれる先輩やリーダーや社長に対しては、入ったその日に伝えました。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
入ったその日にですか!?
Y.T
Y.T
はい。
「僕はこういう症状なので、それを踏まえた上でがんばります」って伝えました。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
すごいですね!Y・Tさんの覚悟が伝わるような感じがします。
伝えたときの反応はいかがでしたか?
Y.T
Y.T
どういう反応というよりかは「へぇー
ぐらいの感じで(笑)
でも言ってくれることはだいたい決まっていて、「別に気にするほどじゃなくない?」っていうことを言われて。
もちろん日によっては(吃音が)すごい日もあるし、本当に一切言葉が出ないときもあるし、そういうことも伝えました。
それでも、「じゃあその日はその日じゃん。だったら別にジェスチャーでも俺に伝えてくれればいいよ」と言ってくれて。
結構良い人に巡り会えたなっていうかたちです。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
とても理解のある人ですね!
そうやって言ってくれる人がいると少し安心できそうです。
それも、Y・Tさんが吃音だと言うだけでなく、それを踏まえてがんばると言った前向きな姿勢が伝わったからかもしれませんね。
吃音について告白することについてどうお考えですか?
Y.T
Y.T
僕以外でも吃音の方はいっぱいいると思うんですけど、みんなってやっぱ言いづらいと思うんですよ。
ただやっぱりそこは勇気出して言ってみて意外と自分が想像していた反応と違うときもあるので、そう言う人に対しては勇気をもって言ってほしいなって。
ただ必ずしもじゃないんで、それは自分の判断ですね。
自分が嫌だって思うなら言わなきゃいいし、自分が伝えなきゃいけないと思ったら伝えればいいし。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
自分が思うほど周りは深刻に思っていなかったりしますよね。とはいえ、色々な考えの人がいるのでそれも踏まえて言いたくなければ別にそれでもいいと。
Y・Tさんはご自身の症状が吃音症というものだと知ったとき、どのように感じましたか?
Y.T
Y.T
意外となんかへぇーぐらいでしたね。
ずっとこうだったんだー、こんな病気だったんだーっていう。
なんか反応難しいですけど、別にショックではなかったですね。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
あまり何か感じることはなかったんですね
吃音を知って、どこかで診てもらったり話を聞きに行ったりはしましたか?
Y.T
Y.T
いや、何もしていないですね。ただ自分で調べてこういう症状なんだなと。もちろん吃音を知ってから逆に調べる頻度は増えてしまって、日に日にYouTubeとかでも吃音症の方の動画を観て、中には本当に症状が酷い人もいて、いずれこうなっちゃうのかなっていう恐怖はありました。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
確かに吃音の症状の重さは上下しますからね。
今後悪化する可能性を感じてしまうのはしょうがないかもしれません。
吃音に対する親御さんの反応はどのようなものでしたか?
Y.T
Y.T
一応今は実家で暮らしていて、母はむしろ「そんな病気なんかに負けてんじゃねーよ」っていう感じで。
祖母はほぼ全く無関心な感じで(笑)
「別に普通だよ」って。だから吃音ってカミングアウトした以降も別に普段通り変わらず厳しく(笑)過ごしてきましたね。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
それでは、吃音を気にするなみたいな感じだったんですね。

色々な方にお話を聞くと、吃音がどういうものかを理解して「どもっちゃうのは仕方ない」って言ってくれてた親御さんもいれば、経験や精神的な問題だと思って「練習すれば喋れるようになる」とか「ゆっくり落ち着いて話せばいい」と言っていた親御さんもいるみたいで。
そういう意味では、Y・Tさんの親御さんの吃音に対する理解はどうでしたか?

Y.T
Y.T
正しい理解はなかったと思いますね。
そこまでたいして調べるわけでもなくて、「調べてる暇があったら例えば就活だったりとか自分の好きなデザインに関して勉強するとか、本当に病気なんか気にしてたら何も始まんねえよ」ってぐらいな勢いでしたね。
「調べるとかすんじゃねえよ。そんなんしたらむしろ悪化するだろ」って。
なので僕は「わかった」って。
そういう感じですね(笑)
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
そのときどういう気持ちだったんですか?
Y.T
Y.T
まあ半々ですよね。
就活をしてて面接でつまずいてそれをいざ相談すると、「おまえただそれ口だけだろ。おまえそれを言い訳にして落ちたんだって言っただけでしょ」って言われて。そのときは、俺の吃音のこと知らないのにそんなこと言ってんじゃねえよって気持ちもあったんですけど。
ただやっぱり考えてみて、僕がカミングアウトする前から普段通りで自分への対応が全く一緒で、それが逆にありがたかったのかなっていう気持ちもあります。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
なるほど。理解してくれない悔しさや悲しさはありながらも、これまで通りの対応をしてくれたことがありがたいと感じる部分もあったんですね。
当事者のご両親のなかにはどのように接してあげるべきか悩んでいる方がいるのですが、Y・Tさんはどのように接してほしかったというのはありますか?
Y.T
Y.T
本当に遠慮してほしくないですね。
自分に対して「こういう病気なんだ。じゃああまりキツイこと言わないようにしよう」とか、言葉に対して「おまえ早いよとか言わないようにしよう」とか、そういうのはしてほしくないですね。
聴き取りにくかったら別に聞いてくれてもいいし、吃音をカミングアウトしてから対応を変えるってこともしてほしくないし。
本当自分の中では自分に対して遠慮はしてほしくないです。
それぐらいですね。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
とにかく遠慮なくまっすぐに接してほしいんですね!
もしそれでY・Tさんに対して遠慮したような対応だったら逆に営業職になっていなかったかもしれないですね。
Y.T
Y.T
確かに…もし今頃態度を変えられてて、もっと自分が吃音に対して重く考えていたら、たぶんやっていなかったかもしれないですね。
たぶん本当に黙々と倉庫とか人と喋らない仕事していたかもしれないですね。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
「営業は喋る仕事だから難しいし他の職考えてみたら」っていうのも優しさだと思っていましたが、態度を変えず「吃音を言い訳にせず自分のやりたいことやってみろよ」と言われた方が良いという考え方もあるんですね。
Y.T
Y.T
自分はそう思っていますね。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
吃音だからこうしてあげるべきというのはなくて、やはり人それぞれ適切な接し方があるのでしょうね。
Y.T
Y.T
考えすぎないっていうのも大事なんですけどね。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
考えすぎないっていうのがこれまた難しいんですよね。
Y.T
Y.T
難しいですね。自分の中で気持ちを切り替えるのって難しいじゃないですか。180度変えるだけでも結構時間かかるじゃないですか。
でも、いざ吃音に対して絶対無理だろうって思う仕事、営業だったりアナウンサーもそうなんですけど、喋ることをやってみて、意外とお客さんの反応別に普通だなって思うと、気持ちもだんだん変わってくるんですよ。
吃音という考えはまああるんですけど、それがだんだん普通の気持ちに変わってきて。
このまま続ければたぶんいずれは克服されてくるんじゃないかなって。
前なんか本当にもっとどもっていて、「…こ…ここ…こ…」みたいな感じだったんですよ。でもいざ気持ちを切り替えたら、意外とだんだん話せるようになってきて。
だから気持ちですね、大事なのは。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
精神面ですか。
Y.T
Y.T
精神面ですね。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
今はこうしてインタビューしていてもまったく吃音だとわからないですもんね。
Y.T
Y.T
いや…どうなんですかね。
やっぱり吃音って自分だとわかるじゃないですか。
「ああ、つまったな」っていうのはあるんですけど。
人から見て「わからない」言ってくれるのはすごい嬉しいしそれが励みになったりするので、僕じゃないですけど、吃音症の人と話しても「ああ、なんか今つまった?」っていう反応はしないでほしいですよね。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
精神面や吃音への意識が症状を左右するのだとすれば、指摘しないで普通に接してくれた方が話しやすくなりますよね。
Y.T
Y.T
環境も大事です。吃音でも過ごしやすい環境を作ってくれるとなおありがたいっていうのがあって。
その自分の過ごしやすい環境というのが、「気にしないでくれる環境」ですね。たぶん気になるんだろうけど、それをあえて言わないで普通に接してくれるだけでも過ごしやすい環境になるのかなって。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
Y・Tさんはこれまで吃音の症状や吃音に対する意識に変化はありましたか?
Y.T
Y.T
結構変わってきましたね。
吃音をいちばん最初に知ったときは、ああ吃音なんだと思ったけど、吃音を知ってから高校を出て専門学校に行っていざ卒業するときに、就活があって。
そのときがやっぱりいちばん酷くて、面接も何回も行って何回もどもって何回もつまってっていう繰り返しでメンタル的にもだんだんやられてきた部分がありました。
そこで親に相談しても、「おまえそれは吃音を言い訳にしているだけだろ」って言われるので。そこから、「そうなのかな」って思って考えているなかでいざそれで営業職の面接行ったら全然言葉につまらなくて。
考え方ひとつでこんなにも変わるんだなっていうのはありました。
もちろん何かしら努力はいるし、面接でつまらないようにがんばるんだったら練習したり。もうやっぱり本当に人一倍、普通の人が練習する以上に喋る練習をして、友達を呼んで「練習に付き合って」って言って。
それぐらいしないとやっぱり吃音の方の面接って難しいと思うんですけど、それを乗り越えていざ仕事に就いて職場の人にカミングアウトしてわかってくれる会社に入っていれば、自然と症状は改善されていく。
自分の中ではですけど。それで今があるっていう感じです。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
気持ちを前向きに切り替えてがんばったんですね。
練習しても意味がないと思いがちたと思うんですが、そんな中、人一倍練習して面接に臨む姿勢がすごいと思います。
なぜY・Tさんは今回吃音ラボのインタビューを受けようと思ったんですか?
Y.T
Y.T
自分の考えていることを伝えていきたいし、なかには本当に吃音のせいで鬱病になった人とか、あと前にニュースで見たんですけど吃音の看護師の方が病院でちょっとパワハラみたいのがあってそのままなくなってしまったとか。
ニュースとかで自殺したっていうのを見ると、悲しくなってきて。
本当に考え方でこうも変われるんだよってことを伝えていきたいし、この吃音ラボさんのYouTubeを見たときに自分の考えを吃音者の方に伝えていって、少しでも吃音者の方の助けになるかなってことで今回インタビューにご応募させていただきました。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
ありがとうございます。吃音の症状も人それぞれなので一概には言えないですが、それでも同じ吃音当事者からの言葉なら伝わるものがあるんじゃないかと思っています。
Y・Tさんのインタビューを見て前向きにがんばってみようと思う人が増えたらいいなと思います。
最後に何かメッセージをお願いします!
Y.T
Y.T
僕から言えることって言ったら本当にひとつで、吃音の自分と向き合って生きていくってことが大事で。
自分が吃音なら吃音でしょうがないし、そういう症状になっちゃったんだなって受け入れて、もちろんこの先どうしよう、仕事決まらなかったらどうしようという方もいると思うんですけど、やっぱりそれに負けていたら何も始まらないし。
吃音症の方ってやっぱりその一歩が出ないと思うんですよ。
今後仕事したいなって思っても、でも電話対応あるしな〜、とか。仮に一歩出てもくじけたらまら元に戻っちゃうので。
勇気を持ってなんでもトライして見ることが大事。
やらないとわからないですね、結局は。それは吃音症じゃない人にも言えることなんですけど。
だから、簡単に言いたいのは吃音症じゃなくても吃音症であっても別にやることは同じなんですよ。チャレンジっていう。
逆にもう俺は吃音なんだって前向きにその一歩を踏み出してもらいたいですね。
灰根(吃音ラボ編集部)
灰根(吃音ラボ編集部)
本日はありがとうございました!
Y.T
Y.T
ありがとうございました!
撮影後記

吃音がありながら前向きに営業としてご活躍されているY・Tさん。
精神的に追い込まれるほど就活を始めた頃の面接では吃音が出て上手くいかなかったなか、気持ちを切り替え人一倍の練習量で面接を乗り越えたお話は非常に感銘を受けました。
「吃音を言い訳にするな」と言われることはかなり堪えことだと思うのですが、それを乗り越えるY・Tさんは本当にタフだと思います。
吃音を受け入れて自分と向き合うのは簡単なことではないかもしれませんが、まずは勇気を出して一歩目を踏み出してみようと思えるお話でした。

取材・撮影・編集=灰根