インタビュー

吃音当事者インタビュー 三谷

吃音当事者インタビュー

吃音を持ちながら日常生活を行っている当事者さんに職場での体験談や吃音をどのようにカバーしながら仕事をしているかや自身の吃音歴などのお話を伺っていこうと思います。
またお話頂いた内容で吃音改善に関わる内容が出てくる場合もありますが、あくまで個人の考えになりますのでご理解ください。

皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
今日はよろしくお願いします。
三谷
三谷
よろしくお願いします。
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
では初めに、お名前とご職業を教えてください
三谷
三谷
三谷です。
仕事は、保育園で看護師をしています。
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
保育園での看護師のお仕事は何年目なんですか?
三谷
三谷
今は1年目です!
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
職場で吃音があって苦労することはありますか?
三谷
三谷
保護者と話をする時と保育園だと人前に出て話すことがあるのでそういう時がつらいです。
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
保護者さんと話す時は緊張もしそうですし大変そうですね!職場では自分に吃音があることを周りの方々には話してるんですか?
三谷
三谷
そうですね!
入園式の時に自分の名前を保護者の前で言わないといけない時があって、その時は仕方なく園長先生には言いました。
基本は人には話したくないんですけどね…
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
園長先生にだけなんですね!
どうして他の方には言わないんですか?
三谷
三谷
昔から変に自分の弱い所を見せたくないっていうのがあってそれでですね!。
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
弱いところ見せたくないから隠したいって人意外と多いんですよね。
では園長先生に吃音の話をした時の反応は、どうでしたか?
三谷
三谷
保育業界に勤めている人って長年いろんな子供を見ていろんな人も見てるので、吃音って事を知ってて全然気にすることないよと言ってくれて明るく対応してくれました。
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
それはよかったですね!いい理解者のいる職場って、仕事を続けていく上では大事ですよね!吃音の方って電話苦手な人が非常に多いんですけど、三谷さんはどうですか?仕事で電話対応とかありますか?
三谷
三谷
大体、体調崩した子供のお迎えをお願いする保護者宛てへの電話なんですけど電話は昔から苦手でその場を離れてひとりで電話できないので医務室で電話しないといけないので緊張しちゃって今だに電話は慣れないです
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
やっぱり電話嫌ですよね。
ひとりになってかけたいって人も多いんですけど、それも出来ない環境で電話は本当に大変だなって思います。
他にも吃音の症状が出やすい場面ってありますか?
三谷
三谷
やっぱり今みたいな緊張する空間とか、人前で話をしないといけない時とかですね。。
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
本当にいま緊張してますか?あまりそんな感じはしませんが(笑)
では発話しにくい音とかってありますか?
三谷
三谷
わ・を・ん・とか、や・ゆ・よ・とか、た・ち・つ・て・と・母音も苦手ですね。
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
母音苦手な人って、本当に多いですよね!
ありがとうとかおはようとか!
三谷さんは吃音の症状が出た時周りにどんな風に接してほしいとか希望ってありますか?
三谷
三谷
スルーしてほしいです(笑)
なにも聞かなかったことにしてほしいですね!
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
スルーですか!でもわかります!
どもった後とかこの場から消えたいと思うので、スルーされたら救われます(笑)
では吃音が仕事選びに影響あったなどはありますか?
三谷
三谷
ないですね!
今の仕事は、親の希望でこの仕事をしてるので全く…でも今保育園で仕事してるので、保育園児で吃音の子供が多いって聞いたので、そこで少しでも保護者の力になれたらいいなと思いながら仕事してます。
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
それはすごくいいことですね!力になってあげて欲しいです。
では今は吃音を広めてほしくない当事者もいるのが現状なんですが、やはり広く認知されてほしいって思いますか?
三谷
三谷
知ってほしいですね!ひとりでも多く知ってほしいです。
やっぱり皆が知らないから、知名度がなさすぎるから生きにくいと思うんですよ。だから少しでも力になれたらいいなと思いこの企画に参加しました。
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
では吃音があって回避してしまう場面はありますか?
三谷
三谷
やっぱり人前で話す発表とか、そういう機会がある時とか指名されると勘弁してくださいって思います(笑)
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
いつ頃から吃音の自覚症状がありましたか?
三谷
三谷
はっきりとは覚えてないんですけど、小学校二年生位です。
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
どんなきっかけがあって自覚したんですか?
三谷
三谷
小さい時から怪しい言葉の教室ではなくてそういう所に通わされてたので薄々人と違うことを感じていて、はっきりわかったのは発表会の時にセリフが全然言えなくてそれで自覚しました。
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
学生時代の友人などには自分には吃音があるって話してるんですか?
三谷
三谷
してる人もいます!信頼できる人にはしました!
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
話してよかったですか?それとも失敗したとかあります?
三谷
三谷
すっきりしました!すごく!
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
すっきりした分すごく話しやすくなったとか、そういう気持ちの変化もあったりするんですか?
三谷
三谷
半々ですね!言ってすっきりしたいい部分もあるんですけどちょっと吃音が出た時にそれが症状なんだって思われてそうでそこは嫌だなって感じてしまいます…
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
今日はよろしくお願いします。
三谷
三谷
よろしくお願いします。
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
就活中に吃音の影響で面接で苦労したことなどはありますか?
三谷
三谷
そうですね…面接は頭真っ白になって笑われてしまったんですけど、スムーズにできましたね。
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
看護学校に通ってたと思うんですけど、やっぱり実習は大変ですよね?これが大変だったとかありますか?
三谷
三谷
実習の時に看護学生の実習って病棟の前で一列に並んで、今日の目標とかを1人1人発表していかないといけないんですよ。
ただでさえナースステーションって空気が重たいんですよね。
その中で発表は嫌で、毎日泣きながらやってました(笑)
あれは本当につらかったです
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
なぜ病院ではなく、保育園看護師になったんですか?
三谷
三谷
病院勤めがあまり向いてないなと思っていて、元々子供が好きだったので今の仕事しているのと、吃音を持ってる子供に少しでも力になれたりとか治せる可能性が高い時期に少しでも力になれればっていう理由で保育園を選んだってこともあります
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
あまりこうして話してる分に吃音があるんだなって感じないですけどやっぱり症状が軽くても重くてもその人なりに悩みってあると思うんですよね。三谷さんもやっぱり悩むことは多いですか?
三谷
三谷
私は比較的軽い方で日常生活にそんなに支障がある方ではないんですよ。
だから毎日悩んでるってことはないんですけど、なにかしたら発表しないといけない時とかそういう時に悩みますね。
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
吃音で小さい頃にイジメを受けたなどそういった経験ってありますか?
三谷
三谷
イジメっていうイジメはなかったんですけど、発表の時に自分だけうまくいかなくてからかわれたりとかはありましたね。
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
2013年に北海道で吃音の看護師さんが自殺した事件があったと思うんですけど同じ看護師としてあの事件はどう思いますか?
三谷
三谷
私があのニュースをみて感じたのは、私の家族は吃音で死ぬ人いるんだ位の感覚だったんですけど私は吃音で悩んで死ぬほど苦しいことを知っているのでやっぱり自殺するまで追い込まれた吃音っていうものが世間的に知られていなくて、サポートする人がいなくて吃音に対して日本という社会がまだ改善するっていうか変わっていくためにもまだ時間がかかるのかなって思いました
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
どもっても気にしないで大丈夫って考えの方もいますがどう思いますか?
また同じ吃音者にメッセージあればお願いします
三谷
三谷
はそうとは思えないんですけど、私はプライド高くて完璧主義な所もあるので吃音が出たりしても周りが気にしてないから大丈夫って思えない部分もあるんですよね。
だから簡単に軽はずみはことは言えないんですけど、でも結局吃音って精神的な部分が大きいと思うのでだから症状が出ても気にせずに周りの人は自分が思ってるほど見てないし感じてもいないし気にせず前向きにうまく付き合っていけたらいいんじゃないのかな?と前向きに!
皆川(吃音ラボ編集部)
皆川(吃音ラボ編集部)
今日はありがとうございました!
三谷
三谷
ありがとうございました
撮影後記

撮影前に自分の名前を言う事がすごく苦手という話をされていて、日常でも同じような場面で困ってる印象でした。
撮影中は比較的スムーズに話をされていましたが症状の軽い重い関係なく吃音の悩みはついてきます。
三谷さんもお仕事で保護者さんへの挨拶や電話など苦手な場面を沢山経験しながら日々頑張っているんだなとインタビューを通して感じました。
また三谷さんのように保育園に吃音への理解のある看護師さんがいる環境ってすごくいいなと思います。吃音の正しい知識を小さいうちから与えてあげてきっと保護者さんも安心できるなと思いました。
これからもお仕事頑張ってほしいです。

取材・撮影・編集=皆川