吃音当事者インタビュー A.K

当事者インタビュー
吃音とうまく付き合いながら日常生活を行っている当事者さんにフォーカスをあてて職場での体験談や吃音をどのようにカバーしながら仕事をしているかや自身の吃音歴などのお話を伺っていこうと思います。またお話頂いた内容で吃音改善に関わる内容が出てくる場合もありますが科学的医学的根拠はないあくまで個人の考えになります。言語聴覚士監修の吃音知識のコーナーで科学的根拠に基づく吃音の知識を得ることができます。

灰根(吃音ラボ編集部)
本日はよろしくお願いします。
A.K
名前はA.Kと申します。現在、就職活動をしています。事務職を希望しています
灰根(吃音ラボ編集部)
なぜ事務職を希望されているのですか?
A.K
今現在事務職を希望しているのは、私は決められたことを行う業務が得意で自分に合っていること、また、パソコンも職場に入ったら強みとして業務の効率化に貢献していくことを考えています。そのように自分に向いているという考えから、事務職を希望しています。
ただ、事務職について調べてはいるんですけど、どういった事務がいいのかは、まだハローワークなどで探している途中です。
灰根(吃音ラボ編集部)
自分の強みを活かすという観点で事務職を希望されているんですね!就職活動において、ご自身の吃音の症状が影響している部分はありますか?
AK
はい。すべてではないんですが、電話応対の内線は練習時間をいただければできるようになっていくと思うんですけど、外線の方は……。
社外の方とか自分の知らない方だと、対人緊張が出てしまい、事務職なのに「外線電話ができない」と、書類にも実際に書いて就職活動を行っています。
なので、そこをなるべく配慮として伝える必要はあるんですけど、それを苦手って言っちゃダメだと思っていて、どのようにしていくかという方向性で考えることが大事だと思っています。
灰根(吃音ラボ編集部)
ということは、自分が吃音者であることをお伝えした上で就職活動をしているっていうことなんですね。
AK
就職活動をしていて、吃音者であることを話すことで、「職場に入ってからこうだった」ってならないように、自分は面接でも伝えていくほうが、「入ってから困らない」という意見も聞いているので、まあ正解不正解はないですけど、(吃音者であることを事前に)言ったほうがいいと考えています。
灰根(吃音ラボ編集部)
確かに、吃音であることを隠して就職して吃音が理解されないまま後々になって困るよりも、先にカミングアウトして知ってもらった上で就職したほうが、吃音の理解が得られた上で就職できるのでいいかもしれませんね!
就職活動においてはカミングアウトしているということですが、それ以外の友人や同じコミュニティに属している人など、付き合いのある人に対しては、吃音をカミングアウトしていますか?
AK
カミングアウトする人と、しない人がいます。
中高から付き合っているような長い関係の友人なら、吃音症と言わなくても、普段の会話でわかっている部分があると思いますし、当然親戚とかはもう知っています。
困ることは、店に行ったら注文や話せない部分を代わりに言ってもらうなど、普通に生きていてありますけど、吃音症を知らない友人・知人に自分から「吃音症だからこうなんです」とか「自分が障害者です」と言うのは、間違っているというか、あくまでも「自分から障害です」って言うんじゃなくて、日常的生きていて、「こうなんだ、こう言う話し方してるんだ」というので知ってもらう。
灰根(吃音ラボ編集部)
カミングアウトする、しないの判断はどのようにしているのですか?
A.K
「吃音症です」というのは自分からは言わないです。
でも、相手から「お前なんでこれやったの」と問い掛けられると、言葉がつまってしまうときに……自分の中で「吃音症じゃねえか」と思っているだけでカミングアウトしていません。
自分の場合、若い方の多い「三田例会」という吃音当事者のグループに行くんですけど、そのときにやっぱり面接で「吃音症だから面接練習する会ないですか」って聞くと、「吃音改善研究会」っていう面接練習するとこがあるから紹介するよとか、やっぱり吃音を理解してもらいたい状況とか、わかちあうというか、吃音という観点について話し合える人達なら、カミングアウトしていきます。なので、むしろカミングアウトしないほうが多いと思います。
灰根(吃音ラボ編集部)
なるほど。カミングアウトするというより、長い付き合いの人には自然と察してもらっていて注文などで助けてもらうこともあるけど、それ以外の人には基本的に自分からカミングアウトしていないんですね。
ただ、理解が必要だと感じる場合においては、自分からカミングアウトすることもあると。状況や、付き合いの長さ関係の深さで、変わるということですね。
それでは、A.Kさんはいつからご自身の吃音について自覚したのでしょうか。
A.K
吃音症自体は、生まれて幼稚園から中学3年生まで、大学病院の言語聴覚士のところで言語療法をずっと受けてきたので、吃音症という言葉はわからなかったですけど、言葉の遅れがあるということは(幼少期から)わかってはいました。
吃音症という言葉は大学在学中に「言語聴覚学科」に所属している際に知りました。
しかし、そこで大学の先生方は「吃音症は発達障害ではありません」と言っていたんですけど、ただ母が調べたら「吃音症は発達障害」ってあって。そのあと、「国立職業リハビリテーションセンター」という職業訓練校に入ってから、吃音症は発達障害ということがわかったので、正確にいうとわかったのは(吃音症が発達障害ということまで含め)2年前です。
灰根(吃音ラボ編集部)
幼少期からどもることについては自覚していたけど、吃音症という言葉や発達障害に分類されていることを知ったのは最近ということなんですね。
どういうシチュエーションだと吃音が出やすい、出にくいというのはありますか?
A.K
これを言うのはちょっと気にそぐわないんですけど……。
単位が取得できなくて大学を辞めたんですけど、吃音症で医療関係の実習のために勉強していると、吃音自体の症状が重くなるというか。
吃音のせいにしているわけではないですけど、体重が5キロくらい異常に痩せる時期がありまして。大学で、吃音を含めた構音障害について、特別な状況、つまり、2人が学生、先生が1人で授業を受ける機会があったんですけど、吃音の症状がむしろ重くなったんじゃないかと思います。
それは吃音に関する勉強をすると、言語療法するという勉強をしていると考えてみるとすると、自分の中にストレスがあったんだと思います。吃音に関する勉強するとか、こっちから療法するとか考えると、自分はたまに吃音が悪化するんじゃないかと思っちゃうときがあります。
逆に、吃音が悪化しなくて、自分が生き生きと過ごせるのは、コツコツと決めたことを行うとか、アルバイトしているときとか、事務職に必要なパソコンの勉強しているときとか、そういうときには吃音は全く気にならないです。やっぱり自分は、人と人とで相性があるように、吃音者のそれぞれにも相性があるんじゃないかと考えております。
灰根(吃音ラボ編集部)
吃音や吃音の症状について考えていたり意識が向いていると、症状が出やすくなったり重くなったりする。
逆に、吃音のことが頭から離れるくらい何かに熱中していたり集中していると、吃音について悩まなくなったり、症状も軽くなると。私もそれはわかる気がします。
吃音について意識しないようにというのがどうしても難しいですけどね。
私は最近になり吃音者の方とよく話すようになって、吃音についての考え方って人それぞれ違うということを感じているのですが、A.Kさんは吃音についてどのように考えていますか。
広めていくべきなのか、あまり広めないでひっそりとさせてほしいと考えているのか。
A.K
結論としては、吃音は広めていく方向に変わっている部分があります。しかし、矛盾していますけど、自分から吃音症だということを、いつも言いたくはないと思っています。それが矛盾しています。
灰根(吃音ラボ編集部)
吃音を広めていくということを理解はしているが、初めてあった人におおっぴらに吃音だということを発信していけるかと言われれば、そうは思ってないということですね。
そうした矛盾する気持ちはどういう理由から来ていますか?
A.K
吃音症って言っても、ここはちょっとオブラートに包んで、日常会話とか生活上ですべてはありのまま話すのは良くなくて、「吃音症だからこういうことできません」っていうのはかえってマイナスになるんじゃないかというのがあります。
伝える必要があるのは、先ほど言ったまさに就活で、普段過ごす中で関わる人間関係に対して「吃音症だから、こうだから」と言うのは別のような気がしています。
灰根(吃音ラボ編集部)
吃音が広まっていく方向性は理解しつつも、自分から「吃音者だ」と発信する必要があるのは就活のようなどうしても配慮が必要な場面で、それ以外の人間関係に対しては自分から吃音者だと発信するのはマイナスになるかもしれないと考えているわけですね。
確かに、そういう場合は相手の気持ちや関係性も考慮すると、伝えるのは難しいですよね。
それでは、そうした普段の人間関係の中で相手の方から喋り方について指摘された場合は、正直に吃音について話していますか?それとも、別の理由でごまかしていますか?
A.K
おかしいという意味では、「自分は動物だ」とか、なんかキャラクターに置き換えていますね(笑) もう「犬」(ヤギの言い間違いだそうです。※撮影後談)とか「人と同じように話せない」って別のキャラクターに置き換えて言う傾向がありますね(笑)
灰根(吃音ラボ編集部)
なるほど、キャラクターや動物に置き換えるという例は初めて聞きました。相手に深刻に思わせないように対応しているんですね。それでは、就職した際に、職場では吃音に対して配慮してほしいと思いますか。
A.K
電話応対とか、全体的にそういうコミュニケーション能力がないから、打ち合わせや報告連絡相談をして、会話がずれたりそういう問題をなくして、それは吃音症と全部関係あるかどうかわからないですけど、(言葉の)キャッチボールをするのが普通の人より難しいということに対して、配慮してもらいたいです。
しかし、決して苦手とは言わず、どうやって仕事に対して向き合っていくか、進めていくかというのは話し合った上での配慮です。
灰根(吃音ラボ編集部)
コミュニケーションが難しいということを自覚してそれに対して配慮は必要なものの、それに甘んじることなく仕事の向き合い方や進め方を工夫して補っていくという考え方なんですね。とても立派な考え方だと思います。
先ほどA.Kさんは、吃音が広まっていく方向性にあることを理解しながらも、就職のような積極的に配慮を求めているところ以外では吃音であることは伝えたくないと仰ってました。そんななか、なぜ今回吃音ラボのインタビューに協力しようと思ったのですか?
A.K
インタビューを私が受けようと思ったのは、もう一度吃音症に関して、自分目線ではなく、もうちょっとアプローチを変えて、(吃音者が)コミュニケーションが苦手なことというのを、広めていく視点というのに賛同しているからです。
また、自分は会話しているとたまに自信がなくなることがあるんですよ。なんか聞かれていることと違うことを言っているんじゃないかと思うと、どうしても声が余計に小さくなってしまうことがあります。自分には不得手があるんだけど、そればかりを言うんじゃなくてインタビューをすることで発信する。
自分はちょっとアプローチが違うところを登っているけど、「吃音症ためになればいい」「吃音を広めたい」という思いは同じだと思います。
灰根(吃音ラボ編集部)
他人に自ら吃音を開示するというようなアプローチとは違うけれど、吃音者のために何かしたいという思いでご協力してくださったということですね!。
A.K
自分のためではなく、他の吃音者の方のため、というのは同じです。
灰根(吃音ラボ編集部)
A.Kさんがこんなに素晴らしい動機でご協力してくださったことを伺えて、私としても大変嬉しいです!本日は本当にどうもありがとうございました!
A.K
ありがとうございました!
撮影後記
現在就職活動に取り組んでいるA.Kさん。コミュニケーションが難しいことを自覚しミスマッチが起こらないよう吃音者であることは伝えるものの、決して相手の配慮に甘んじるだけではなく、どのようにしてカバーしていくか、対話を重ねていくことを重視されていました。
私は〇〇が苦手だけれど、△△することで〇〇はカバーできます。また、□□は他の人より得意です!
というように、苦手なことをカバーする方法を自ら提案し、自分の強みをアピールできれば、採用する方としても自社で活躍してもらう姿を想像しやすいのではないでしょうか。吃音に悩みながら就職活動を行っている人にとっては、とても参考になる話だったと思います。普段から積極的に吃音者だと打ち明けることはないとおっしゃっていたA.Kさんが、吃音の認知を広めたいという思いで参加してくれたことは、大変嬉しく思いました。A.Kさんの就職活動がご本人にとって納得のいくものになるよう願っています。

取材・撮影・編集=灰根